ガス溶接

ガス溶接とは
(茨城労働局長登録教習機関登録番号1-10 登録満了日令和6年3月30日)
可燃性のガス及び酸素を使用して行う溶接、溶断、加熱の作業は、製造業や建設業など広く産業界において行われています。しかし、ガス溶接・溶断作業は、アセチレンなどの可燃性ガス及び支燃性ガスである酸素を使用することから、溶接装置の取り扱い方法の誤り、不適切な作業管理、溶接装置等の不備などに起因して、毎年、付近の可燃物への燃焼、衣類への火災、ガス漏れ爆発などの労働災害が発生しています。そのため、これらの労働災害を防止するためには、溶接装置の点検・整備、適正な作業管理の遂行、作業者に対する安全教育が必要です。

労働安全衛生法第61条、同法施行令第20条10号

講習会場と料金について
講習会場 メインメニューの「講習受付状況」内「開催場所」にて御確認ください
受講料金 1名につき 11,203円(税込、テキスト代込み)
テキスト 880円(税込)

カリキュラム(学科2日・実技1日)

日程 講習科目 講習時間
1日目 可燃性ガス及び酸素に関する知識 3時間
設備の構造及び取扱いの方法に関する知識 4時間
2日目 関係法令 1時間
修了試験 1時間
使用する設備の取扱い(実技) 5時間

※講習科目の順番・講習開始終了時刻は講習によって変更することがあります。